アイメイク/アイブロウ

縦割りグラデーション&横割りグラデーションのやり方

アイメイクは「グラデーション」

なんとなく「グラデーションにしておこう」とメイクしている方も多いのでは?

でも、なんとなくは知っていても、本当にこれであってるの?(;´・ω・)

今回はそんなお悩み解決します!

バイタライジングライン

縦割り&横割りグラデーション

 

アイシャドウのグラデーションには大きく分けて「縦割り」「横割り」のグラデーションがあります。

 

無意識に「グラデーション」とやっている方の大半は「横割りグラデーション」をやっていると思います。

 

今回は「縦割り」と「横割り」に分けてグラデーションのやり方をご紹介(^^)/

 

アイシャドウはプチプラで人気の「エクセル」を使いました。

 

エクセル:リッチスキニーシャドウ

今回の使用色:SR01(ベージュブラウン)

 

初心者さんでも使いやすく、ラメ感や質感が上品なのでおススメ。

 

 

横割りグラデーションのやり方

 

まずは、簡単にできる「横割り」グラデーションのやり方からです。

 

横割りグラデーションとは、まぶたを横に分割して、下から上に向かって色が淡くなるようなグラデーションのことを指します。

 

 

このグラデーションは無意識に取り入れている人が多いはず(^^)

 

メイク初心者さんでも取り入れやすいので、まず覚えたいアイメイク。

 

簡単にまとめると…

 

①アイホール全体に淡いカラー

②二重幅にメインのカラーをいれる

③目のキワに締め色をいれる

 

こんな感じです(^^)/

 

写真と一緒にやり方を詳しく解説していきます!

 

①アイホール全体に淡いカラーをいれる

 

まずは、まぶたのくすみや色むらを整えたいので、ベースとなるカラーを全体に入れていきます。

 

パレットなら一番淡いカラーです。(ホワイト・ベージュ系)

 

ここで「ラメ入り」のものを使えばキラキラとして華やかな印象になりますし、ホワイト系を使うと高さが出て、立体的になります(^^)/

 

②メインになるカラーをいれる

 

次にアイシャドウでメインとなるカラーをいれます。

 

目安としては、目を開けたときに見えるくらい「二重幅」を基準にして入れていきます。

 

この位置に入れるカラーは①と③のつなぎ役にもなるので大切!

 

カラーとしては明るいブラウンやオレンジ・モーヴやピンクなどなんでもありです。

 

グラデーションを作るときに一番大切なカラーですが、順番は最後でもOKです(^^♪

 

また、色を4色使いたいときには、この②の前後に入れれば綺麗にはまります。

 

③目のキワに締め色をいれる

 

最後に「締め色」をいれます。

 

目の輪郭を強調してデカ目にみせてくれる重要なカラー!

 

目の形によってはかえって目を小さく見せてしまうこともあるので、幅を広げたいときは、目を開け閉めして確認しながらやりましょう。

 

 

 

黒目の上は濃い目に入れると、黒目が大きくなったような印象に仕上げることができちゃいます!

 

この3ステップでグラデーションは完成です♡

 

横に色を分けて作るので「横割りグラデーション」と呼ばれます。

 

 

横割りグラデーションは目を縦に大きく見せることができるんです♡

 

下瞼にホワイトやパール系のアイシャドウをいれると、更にデカ目効果が増します(^O^)

 

縦割りグラデーションのやり方

 

続いては「縦割り」のグラデーションのやり方です。

 

縦割りグラデーションはやったことがない!という方も多いですが、難しくないので是非トライしてみてくださいませ!

 

縦割りグラデーションとは、まぶたを縦に分割して、目頭から目じりに向かって色が濃くなるグラデーションのやり方です。

 

 

 

外国人のメイクはほとんどこっち!インスタでも外国人のケバケバメイクよく見ます。(笑)

 

目じりではなく目頭側に濃い色をいれるのもOKです(^^)/

 

簡単にまとめると…

 

①目頭側に淡いカラーを「く」の字にいれる

②目尻側に濃いカラーを「く」の字にいれる

③中間をメインカラーでぼかす

 

これで簡単にグラデーションを作ることができます。

 

順番に端からいれるやり方もありますが、こっちのほうが簡単なのでおススメ!

 

写真を見ながら解説していきます(^^)/

 

①目頭側に淡いカラーをいれる

 

まず、目頭側に淡いカラーをいれます。

 

 

と言いたいところですが、①に関しては全体に広げてもOKです(^^)/

 

 

グラデーションがきれいに見えるように、トーンを整えます。

 

カラーは横割りの時と同じくホワイトやベージュ系を選ぶと無難です。

 

②目尻に濃いカラーを入れる

 

ここがかなりポイントです。

 

 

目頭と目尻で挟み込むように「く」の字に入れます。

 

固めのチップよりもふわっとしたブラシで入れると簡単です(^^♪

 

 

二重幅より少し広めにいれると最後の仕上がりがきれいになります。

 

「く」の字に入れることで、目じりがすぼんで、目の形がしまって見えるんです!

 

③中間にメインのカラーをいれる

 

最後に、中間にメインのカラーを入れて①と②をつなげます。

 

 

ここに入れるのは、淡いカラーと濃いカラーをつなげる役割のメインの色。

 

円を書くように、まぶたの中心にいれると、立体的な目元に仕上がります。

 

 

仕上がりはこんな感じです(^^)/

 

横に大きく目が立体的に見えます。

 

しっかりメインのカラーをボカシてあげることで、綺麗にグラデーションが作れますよ!

 

 

いかがでしょう(´・ω・)?

 

同じアイシャドウ・同じ色を使っていますが、印象は全く違いますよね!

 

同じブラウンメイクでも印象を変えることは意外と簡単なんです。

 

まとめ

 

今回は縦割りグラデーションと横割りグラデーションについてまとめました。

 

「グラデーション」といってもどこからどこに向かって濃淡をつけるのか。

 

どんな色でグラデーションを作るのかでまったく違ってきます。

 

同じアイシャドウでも入れ方1つで全く違うので、是非試してみてくださいね(^O^)

 

 

 

通常