その他

【美容ライター】になるには?【好きを仕事にする方法】からブログ開設の仕方まで

美容の仕事がしたい!だけど何をすればいいか分からない。

 

そんな悩める女性のお手伝い。

 

私が現在している美容関連の仕事の体験談から、その方法に迫ります!

 

バイタライジングライン

【美容の仕事がしたい!】

 

Instagramでもかなりの頻度でくる質問。

 

「美容系のお仕事がしたいです!」

 

好きなことを仕事にするのって、なんだか憧れますよね(‘ω’)ノ

 

しかし、「美容」と一括りにしても美容を取り巻く仕事はかなりの幅があります。

 

 

例えば、表に出て活動する「メイクアップアーティスト」「美容部員」「講師」「美容家」「インフルエンサー」「ユーチューバー」等々…

 

 

反対に表に顔は出ないけれど、ライターやブロガーでインターネットや紙面のなかで活動することも可能です。

 

まずは自分がどんなことがしたいのか、はっきりさせておく必要があります。

 

今回は一番多い「美容ライター」になるには?という質問に焦点を当てながら、体験談を含めて説明していきます(^O^)

 

【美容ライターになるまでの道のり】

 

「美容の世界で生きていきたい」と思ったときに、一番手っ取り早いのはおそらくこの「美容ライター」です。

 

なぜなら、特に必要な資格がないから。

 

「美容ライターです」と名乗れば、成立します。

 

美容ライターの仕事内容

「美容ライターってどんなお仕事しているんですか?」

 

という質問もよく頂きます。

 

美容ライターとして活動できるのは、

✔WEB媒体(個人サイト・アプリetc)

✔紙面(美容雑誌・生活雑誌etc)

大きく分けるとこの2つがメジャーです。

 

「キュレーションサイト」と呼ばれるまとめサイトに記事をアップしたり、個人で運営しているサイトに記事を買い取ってもらうことができます。

 

有名な美容雑誌で記事を書けるのはほんの一握りです。

 

どうやって仕事をもらうの?

 

やりたいことが決まったら、自分から仕事を探しましょう。

 

名前のある美容家や美容ライター、実績を積んだ人でない限り、自然に仕事が舞い込んでくるということはありません。

 

駆け出しのころは、どんな仕事でも引き受ける!!くらいの意気込みで探しましょう(^O^)

 

 

探すときに役立つのは「ランサーズ」や「クラウドワークス」のようなクラウドソーシングのサイトです。

 

(私も「ランサーズ」をメインに仕事を始めました)

 

 

仕事をしたいと「探す人」・仕事を頼みたいと「依頼する人」

 

この両者のマッチングサイトで、登録すればすぐに仕事を探すことができます(^^)/

 

他にもインターネットで「美容ライター 募集」と検索するとかなりヒットします。

 

それだけ需要があるのは確かです。

 

仕事を軌道に乗せるためには?

 

仕事を探し始めたら大切なことが沢山あります。

 

まずは、「プロフィール」

 

持っている検定や資格があればかなり活用できます。

 

自分のアピールポイントとして、どんな「専門性」があって、どんな記事が書けるのかは必ず明記しましょう。

 

 

私の場合はこんな感じ。美容部員としての経験「日本化粧品検定1級・2級」の保持、これがアピールポイントになります。

 

最近ではInstagramやTwitter・フェイスブックなどのSNSもアピールポイントとして強いです。

 

特に資格や経験がなくてもできますが、「信用」という意味でいうと自分の価値を上げてくれるのはこういった肩書にあります。

 

あとはひたすら「当たって砕けろ方式」で出来そうな仕事に応募をかけます。

 

5件申し込んで1件依頼が来れば最初は良いほうです!

 

大体どのクライアントからも「今まで書いた記事を送ってください」と言われるので、1つはレビューやメイク系の記事をストックしておくといいと思います(^O^)

 

 

やり取りは基本「メッセージ」になるので、敬語やマナーをおさえて返信することが大切です。

 

なるべく時間を置かずに、気が付いたらレスするのも仕事を次につなげる秘訣♡

 

稼ぐための報酬の仕組み

 

そして、本当に本当に稼ぎたいと思うなら仕事は選びます。

 

私は「1文字1円」が基準でした。

 

1文字1円以下の仕事は依頼が来ても引き受けないのが私の軌道に乗せるコツ。

 

アプリ系なら1,000字~1,500字が相場なので、1文字1円なら「1記事=¥1,000~¥1,500」

 

 

基本は「文字数」と1文字当たりの単価をかけたものが報酬になります。

 

やっているうちにつかめてきますが、いくら仕事を引き受けても1文字0.3円程度ではなかなか稼げません。

 

ボランティアではないので自分で見極める力が必要です。

 

最初の頃にやっていたキュレーションサイトでは「¥1×800字」の1記事あたり¥800の仕事を1日3本こなして、月に7万円近く報酬として得ていました。

 

やろうと思えば月に10万・20万稼ぐことも不可能ではありません。

 

何がおすすめ?

 

美容ライターを求めるサイトは腐るほどあります。

 

大手のキュレーションサイトから個人で運営する美容サイトまで。

 

「何がおすすめか」

 

これは一概には言えませんが「中長期」で契約してくれるクライアントが好ましいです。

 

また、ライティングの方法や仕組みについて、丁寧にレクチャーしてくれるかどうかも重要。

 

 

私は運よく「ライティング」についてのノウハウを丁寧に教えてくれ、書いた記事をフィードバックしてくれるクライアント様に出会い、かなりライターとしての腕や知識があがりました。

 

(本当に感謝してもしきれないです。)

 

どんな仕事か詳しく書いてあればあるほど応募する価値はあります。

 

自分の書きたいスタイルにマッチしているのか等も気にすると、楽しく仕事ができますよ(^_-)-☆

 

みーしゃ
みーしゃ
 長く続けるならライターとして力を付ける必要があるので、記事を提出して終わりよりも、掲載までに「どんなところを修正する必要があるのか」見てくれるクライアントさんの方がやりがいがあります。

 

【美容ブロガーになるまでの道のり】

 

「美容ライター」と似ている仕事に「ブロガー」があります。

 

「美容ライター」は客観的な視点から情報をまとめたり、指定された内容について記事を書き上げるのがメインです。

 

必ずサイトの方向性があるので、そこに沿うように文体や展開の仕方を指定されます。

 

「美容ブロガー」は、この私のブログのように自分の書きたい内容をメインに自分なりのものを作り上げることができる私的なものになります。

 

すぐにお金に結び付くのは「美容ライター」。

下手すると1円にもならないのが「美容ブロガー」です。

 

しかし「美容ブロガー」は美容ライターになるよりも簡単。

 

「Amebaブログ」や「はてなブログ」などの無料で開設できるサイトを活用することで、1時間もあれば「美容ブロガー」として成立します(^^)/

 

美容ブロガーの仕事内容

美容ブロガーはひたすら「ブログ」を作っていくのが仕事です。

 

好きなことを好きなようにまとめられたり、納期もないので比較的のびのびと仕事ができます。

 

「ブログ」の内容も自分主導で決められますし、写真の選定なども自分で行うことができます。

 

すごい自由!!!!やりたい!!!!

 

そんな感想を持たれそうですね(笑)

 

しかし、実際には「ブログ」はお金になるまでかなりの根気と時間が必要です。

 

1記事1,000字書こうが、4,000字書こうが、10,000字書いたところで1円にもならないことなんてザラです。

 

美容ライターは枠組みがあってその中で動けばいいので、マニュアル通りできれば苦労しません。

 

しかし、0から1を作り上げるのはめちゃくちゃ大変です。

 

ブログの開設から収益を得るまで、収入0円でも毎日書き続けられるという方は、「美容ブロガー」がおススメできます(‘ω’)ノ

 

自分で開設しない「オフィシャルブロガー」などの仕事であれば、どちらかというと「美容ライター」寄りです。

 

しかし、この「オフィシャルブロガー」になるのも大変。

 

SNSで人気があって声をかけられたり、沢山の応募の中から選ばれる方式なので、選ばれしものっていう感じですかね。

 

基本の仕事は「美容」関連の記事をひたすら書き上げて更新していくことになります。

 

 

ブログが検索エンジンで上位に上がってくるようになったり、知名度が上がってくると、そこから次のお仕事につながる可能性も秘めています。

 

実際には書籍出版にたどり着いた方がとても多いです(‘ω’)ノ

 

美容ブログの開設方法

 

美容に限らず「ブログ」は誰でも開設することができます。

 

今では「副業」として「ブロガー」をしている方も少なくありません。

 

「ブログサービス」には大きく分けて2つあります。

 

「有料ブログ」「無料ブログ」としておきます。

 

開設するまでにお金がかかるかどうかということですね。

 

無料ブログの有名どころだと「アメーバブログ」や「はてなブログ」があります。

 

大きな企業のコミュティが出来上がっているので、多くの人の目に留まる可能性が高いです。

 

しかし、稼ぐなら「有料ブログ」1択。

 

私も「ワードプレス」というサービスを活用しています。

 

 

外部委託でもらう仕事も「ワードプレス」がほとんどです。

 

しかし!!!

 

ブログ開設までが超面倒。

 

ドメインの取得レンタルサーバーの設置など、パソコン音痴の私も苦労しました(´;ω;`)

 

ココが稼ぐブログになるかならないかの最初の山場。

 

やれるぞ!できるぞ!という意気込みがあれば何ら問題ありません(^O^)

 

私も気合を入れて1日で開設までたどり着きました!

 

 

開設してからもサイトのデザインやSEO対策、著作権や薬事法など、ついて回る問題も山ほどありますが、根気よく出来そうなら問題なし!!

 

 

なんでここまで嫌味っぽく書くかというと、ブログ開設から1か月で90%もの人が更新をやめてしまうというデータがあるから。

 

そりゃそうです。

 

何か月も1円にもならないブログを更新し続けるというのは、気持ち的にも金銭的にも余裕がないとできません。

 

0円から1円になるには100記事・およそ3か月と言われています。

 

「美容ブロガー」って楽しそうに見えて裏では必ず苦労や葛藤があるんです(笑)

 

無理そうと思ったらまずは「美容ライター」が無難ですね(‘ω’)ノ

 

詳しいことはこのブログの裏側をお話しすることになってしまうので、今回はやめておきます。

 

 

詳しくしりたい!という方はこちらの書籍がとても分かりやすくておススメです(‘ω’)ノ

美容ライター・美容ブロガーに必要なもの

 

ライター業をするにあたって最低限必要なのは「パソコン」と「インターネット環境」の2つ。

 

パソコンではなく携帯で出来ることもありますが、基本は必須

 

(私もこのブログ開設にあたりパソコン買い換えました。20万近かったです。笑)

 

外で作業するならポケットWi-Fiも必須ですし、写真のクオリティを求める方ならカメラも必要ですよね。

 

 

とりあえずパソコンがあればスタートできるので、他のものは先行投資と思いながら始めるといいかもしれません(‘ω’)ノ

 

あとは「楽しむ気持ち」!!!!

 

せっかく好きな美容を仕事にするなら楽しくやらなきゃ損です。

 

 

書かなきゃ…と仕方なく書く記事よりも、楽しんで書いた記事のほうが何倍も読みごたえがあります。

 

楽しいことばかりではないけれど、ワクワクや新しい発見、世界の広がりは確実に目の前です。

 

しかし、美容ライターも美容ブロガーも、仕事を始めてからは個人の作業です。

 

仲間も同期も上司も後輩もできるような仕事ではありません。

 

SNSで多くの人の目に触れるようになりたいということは、それだけ批判の的になったり、危険を伴うこともあります。

 

私はまだまだ駆け出しで(6ヶ月目)何もかも手探り状態。

 

貪欲に謙虚に前向きにひたむきに。

 

結果が出るか分からないことだって、やらなければ可能性は広がりません。

 

そんな仕事です。(笑)

 

個人差はありますが、お小遣い程度で良いという方なら、本当に自由にできると思います(‘ω’)ノ

 

登りつめたいという方は是非一緒に頑張りましょう。(笑)

 

あくまで私の体験談ですが。

 

こんなパターンもあるんだなと参考になれば嬉しいです(‘ω’)ノ

 

まとめ

 

美容の世界はとても広く仕事の幅も多岐にわたります。

 

「好きなことを仕事にしたい」というその思いは是非大切にしてほしいと思います(^_-)

 

最後までご覧いただきりがとうございました。参考になれば嬉しいです!

通常