スキンケア

朝メイク【時短】ルーティーン「スキンケアからメイクまでのやり方」

Instagramで頂く質問の中でも多い「朝のメイク」問題

 

今回はボリュームたっぷりお伝えします!!

 

内容が多いので前編・後編に分かれます(^^)/

バイタライジングライン

朝メイクの鉄則「時短」

 

朝のメイクの譲れない条件は「時間」。

 

これから出社する人・子供を保育園に送り届ける人・頑張って1限の授業に出る学生さん…

 

 

生活スタイルは違えど、朝の時間が貴重であることに変わりはありません。

 

私も昔からその一人。

 

「あーーー時間ない!!!メイク終わってないし!!」

 

なんてことは日常茶飯事です。(笑)

 

そこで今回は「時短」という点に焦点を置きつつ、朝のスキンケアからメイク完成までを細かく解説していきます!

 

なるべく使っているアイテムも一緒に載せたいので、少し長くなりますが、前編と後編に分けてしっかり解説していきますね。

 

朝の「スキンケア」

 

朝のスキンケアは、夜と違って時間をかけなくてOKです。

 

反対に夜のスキンケアは寝ている間の肌の修復を手助けする役割があるので、手を抜かないでくださいね♡

 

あわせて読みたい
スキンケアを「シンプルケア」に変えてみた経過と肌へのメリット 今回は体験を踏まえた「スキンケア」ブログ!! スキンケアで何をしてもよくならない… と悩む女性の皆様...

 

朝の「スキンケア」で重要なポイントは「保湿」!!

 

基本的には夜までメイクを落とすことができないので、日中の環境に負けないようにしっかり水分補給してあげることが大切です。

 

 

みーしゃ
みーしゃ
 乾燥で皮脂崩れを起こす人は、この時点での「保湿」不足が一因にあるかもしれません。

 

使用アイテム

 

朝のスキンケアで使うのは

✔化粧水

✔乳液orクリーム(なくてもOK)

基本はコレだけです。

 

夜のシンプルケアのブログでも書きましたが、本来肌に外からの油分は必要ありません

あわせて読みたい
私の"シンプルケア"のやり方「クレンジング&スキンケア」 今回は私の「クレンジング」と「スキンケア」のやり方についてまとめていきます。 Instagramでは触れていないシ...

 

しかしながら、日中乾燥してしまうと感じるなら「乳液」や「クリーム」などの油分をほんの少しだけ接着剤代わりに使います

 

私は化粧水に美容液を付けて終わりです。

 

コレだけでも乾燥は感じません!

 

やり方

 

スキンケアアイテムは「適量」使用します。

 

まずは、化粧水を手に取ってなじませます。(コットンも可)

 

 

少し油分を足す場合は、ここで少量だけ「乳液」などを付けます

 

 

最後に手の甲で触って、肌が吸い付くくらいの状態になったらOK。

 

スキンケアの時点ではゆっくりやっても約2分あれば終わります(‘ω’)ノ

 

私のスキンケアアイテム

 

私はスキンケアアイテムはころころ変わってしまうタイプなので、今の時点でのスキンケアアイテムですが、こんな感じです(‘ω’)ノ

✔IPSA:ザ・タイムRアクア (化粧水)

✔ピースオブシャイン:トゥルースドロップ (美容液)

 

この二つを洗顔後に塗って、スキンケアは終わりです。

 

使うものが少ないと不安になるかもしれませんが、仕上がりがかわります。

 

日焼け止め

 

そして、メイクよりも大事にしてほしいのは「日焼け止め」

 

春でも夏でも秋でも冬でも「紫外線」は強敵です。

 

時間がなくても必ずこの手順だけは含めてください。

 

やり方

 

日焼け止めも「適量」使用します。

 

日焼け止めは「満遍なく」塗り忘れがないように注意が必要です

 

なるべく「伸びが良いもの」「べたつかないもの」を選ぶとスキンケアの延長で使えて、時短にもなります。

 

今私は「日焼け止め用乳液」のシリーズが好きで愛用中(^_-)-☆

 

最近はETVOSの「ミネラルUVセラム」を使っています!

 

日焼け止めというよりは「乳液」感覚で使えて、肌なじみも良いです。

 

出来ればこの時点で忘れないように、ボディ用の日焼け止めもつけることをおススメします(^O^)

 

ベースメイク

 

さあ、いよいよメイクにうつります(‘ω’)ノ

 

今回はスタンダードなやり方でまとめます。

 

後編で「5分メイク」「10分メイク」「20分メイク」をまとめますね(^O^)

 

使用アイテム

 

ベースメイクで必要になるのはこちら↓

✔化粧下地

✔ファンデーション

ド定番のアイテム2つです。

 

これだけあればベースメイクは作れます!

 

時短になるアイテムとしては「ムラになりにくいパウダーファンデーション」

 

「多機能型ファンデーション」などが当てはまります。

 

時短ベースメイクのポイント

 

ベースメイクのポイントは「アイテム選び」にも。

 

 

例えば「下地→リキッドファンデ→おしろい」これでは3STEP必要です。

 

 

しかし、下地兼用のBBやCCクリーム・多機能ファンデーションの場合はそれ1つ。

 

または仕上げにおしろいを使って2STEPで完成です。

 

最近の時短コスメはどれも優秀なので、機能は引けをとりません。

 

手順を減らすことが、朝の時短の道になります(^^)/

 

また、手で塗ってもムラになりにくい「テクスチャーの軽いもの」や、簡単に付けられる「パウダータイプ」も重宝します。

 

やり方

 

ここも重要。時短なベースメイクのやりかたです。

 

下地「5点置き」しません!!

 

 

手に出したらスキンケア感覚でザクザク伸ばしていきます。

 

 

伸ばすときは手のひらのこの部分を使って全体に広げます。

 

ファンデーション「5点置き」しません!!

 

 

特にファンデーションは均等に塗る必要もないので、頬骨の一番高い位置に乗せてから、周囲に伸ばしていく方が効率的です(‘ω’)ノ

 

 

手が慣れてくるとザクザク動かしても意外と均等に塗れるようになります。

 

カバーしたい場所・軽くでもいいところの見分けができると、時短につながりますよ。

 

 

特にこの「Tゾーン」は厚く塗ると崩れの原因にもなるので、残ったものを付けるくらいがちょうどいいです。

 

 

フェイスラインも境目がくっきり出てしまうので、塗らないor余ったものをぼかす程度に抜いていきます。

 

全力投球せずに少し力を抜いたくらいのほうが綺麗に仕上がるものです。

 

みーしゃ
みーしゃ
 最後の「フェイスパウダー」も乾燥肌の人ならなくてもOK!

ポイントメイク

 

さあ時短の最終局面です。

 

ポイントメイクを仕上げます!

 

まずは、絶対に譲れないパーツは死守します

 

私の場合は

✔眉毛

✔まつ毛

✔リップ

この3つだけは譲れません。

 

それ以外は、しなくてもさほど支障ないかなと思っているパーツです。

 

ポイントメイクでの時短術は「どこに注力するか」ということ。

 

「フルメイク」に仕上げたい場合は全部時短にする必要がありますが、時短メイクなら「抜きどころ」も必要です

 

私の定番ルーティーン

 

パターンが多すぎるので、今回は私の場合で説明します(・_・;)

 

まず「眉毛」

 

これは顔の印象を大きく左右するので、適当でいいやという人も少ないはず。

 

 

ペンシルで形を整え、眉マスカラをして終了です。(私は自眉毛が濃いのでかなり時短ですが…)

 

次に「まつ毛」

 

アイメイクを華やかにするのに手っ取り早いのは「まつ毛」の存在です。

 

上向きカールのまつ毛はそれだけで存在感が増します。

 

 

ビューラーをかけてクリアマスカラを付ける。

 

この作業だけは欠かしません。

 

詳しいやり方はこちらから↓

あわせて読みたい
まつ毛の上げ方&マスカラの塗り方「ビューラーの使い方が重要」 アイメイクで一番重要なのは、なんだと思いますか? また、皆様が大切にされているポイントはなんですか? ...

 

最後に「リップ」

 

チークを付けなくても「リップ」に色味があれば「顔色悪ぅ…」という状況は避けられます。

 

 

なるべく鏡を見なくてもサッと塗れるクリアなタイプの口紅を使います。

 

この3項目は私の定番です。

 

マスクの時はリップすらしません。(笑)

 

アイシャドウはつけない時もありますし、アイラインはほとんど引きません。

 

ハイライトシェーディングもここぞというときだけ。

 

この3項目で大体5分くらい。

 

ベースメイクと合わせても10分以内で終わる時短メイクです(‘ω’)ノ

 

ポイントメイクに関しては、時間をかけようと思えばいくらでもかけられますが、時短にしたいときは取捨選択するところから

 

みーしゃ
みーしゃ
 時短には「捨てる」勇気も必要(^_-)-☆

 

朝のメイク「ポイント」は?

 

朝のメイクで「時短」にするには「抜く」という手順を入れること

 

これは「手抜き」とは違います(‘ω’)ノ

 

入れるところと抜くところの「メリハリ」を付けるだけで、メイクが大きく変わります

 

後編では時間ごとに「5分メイク」「10分メイク」「20分メイク」とまとめます!

 

まとめ

 

「時短メイク」は簡単なようで難しい。

 

手抜きと時短は紙一重なので、コツを押さえてメイク術を覚えていきましょう(^O^)

通常
湘南美容外科クリニック